SEOのカギ 難しくなってきているSEO対策にどう対処する?
HOME 外部のseo専門業者に依頼

外部のseo専門業者に依頼

次に、インターネット広告におけるSEO対策についてです。

インターネット広告においてSEO対策が重要になります。SEO対策が上手に施されたホームページだと、アクセス数が高くなり、集客率を上げるコトができます。

その一方で、自社のwebサイトやホームページ等について、担当部署が元々有るのであれば良いのですが、新たに担当者を設置するとなるとかなりのお金やコストが掛かりますし、ノウハウを覚えてもらうにも、時間とコストがかかります。

そこで、外部の専門業者に依頼をするという方法があります。

自社内にSEO担当者を配置せずに専門業者に任せることで、経営リソースを社内業務に特化させることは経営判断として非常に健全であり、多くの中小企業がそういった選択を行なっています。つまりSEO対策の一部または全部をSEO専門業者に委託するということです。

専門業者に任せる場合

SEO業者に協力を依頼するにあたり、次の2つの軸で社内事情を整理し、検討することをおすすめします。
自社のどういった部分を補ってもらうべきか?

内部要因・・・Web標準に準拠したHTMLソースの最適化、階層構造の見直し、内部リンク最適化
企画要素・・・SEO施策プラン構築、マーケティング戦略との連携、効果計測及びPDCA、営業プロセス設計 サイト内導線の設計
外部要因・・・新規被リンクの獲得、既存被リンクの最適化、仕組み型被リンク獲得

どんな成果を期待するのか?

キーワードでのYahoo・Googleでの順位アップ
社内WebチームへのトレーニングやSEOナレッジの向上
社内手法がベストプラクティスに沿ってるか否かの確認
セカンドオピニオン、定期的なアドバイス
Web制作
包括的なWebマーケティング

上記の要素で検討することによって、全体像を俯瞰でき、目指すべき目標も見えてくることでしょう。

ホームページ制作会社にECサイト構築とseo対策を依頼しよう

ホームページ制作のスキルは比較的簡単に学べます。それこそHTMLの基礎は中学生でもマスターすることができ、実際に多くの若者が独学で自分のホームページ制作を進めています。

一方でECサイト構築となれば、一気にスキルが上がります。これはプロのクリエイターに依頼するしかありません。専門の制作会社に依頼すべき案件であり、社内でクリアー出来る課題ではありません。また最近の専門会社はECサイト構築と同時にseo対策も施してくれます。

seo対策が加わる事で、オープン当初から高いアクセス数を獲得することができ、ネットビジネスの売り上げが最初からうまく軌道に乗せられます。

seoの新たなアルゴリズムであるRankBrain

インターネットのビジネスを展開している人にとって、seoの分野は欠かせないものでしょう。そのような人たちは新たなアルゴリズムが出るたびに、理解し攻略していくことが大切になっていくでしょう。

ここ最近でも新たなアルゴリズムが発表されましたので、そのアルゴリズムであるRankBrainについても、理解を深めていくことが必要とされています。RankBrainはユーザーが検索したワードに対して、わかりやすく変換してくれる機能になります。いずれにしても、ユーザーが快適に利用できるようなホームページを目指し、制作していくことが大切でしょう。

RankBrainがseoに影響している

ネットの検索順が変わっているのは、RankBrainが学習をしているためです。この要素は、検索サイトの大手であるGoogleが導入しているもので、学習することで上位の判断をしっかり行えるようにしています。

2015年くらいから導入されていると言われ、ここからRankBrainによる対策が本格化しています。現在はseo対策によって、色々な方針を取っているサイトが増えていますが、これも使われているシステムに対応して実施して、上位に入るようにしています。なかなか上位に行けないなら、駄目な方法を使っている可能性も高いのです。

SEO対策についての関連記事

SEOにおける内部対策の基本
SEO対策における外部対策
SEO
SEO対策
Seoを行う際に出てくる問題点
料金プランの見直したいSeoのサービス
Seo大阪
コストの上限を決めてSeoを行う
ページ先頭へ