SEOのカギ 難しくなってきているSEO対策にどう対処する?
HOME 結婚式の引き出物を準備するのはどれくらいから?

結婚式の引き出物を準備するのはどれくらいから?

結婚式って本当に準備しなければならないものもことも多いのです。

例えば式場が決まったら、まず招待状を出して、人数を確認しなくては話が先に進みませんので、ひとまず人数確認です。そのあと、衣装を決めたり、イベントを決めたり、挨拶を考えたりなどなどやる事は山積みです。

そういった中で、漏れてはいけないのが、発注して納品してもらわなければならないものです。引き出物は依頼をして、式場まで納品しなければならないため、できるだけ余裕をもって発注を終わらせたいものです。

大体どの商品も2週間ほどのリードタイムがあれば問題ありません。お菓子などの場合にはあまり早すぎても賞味期限の問題が出てしまいます。

結婚式の引き出物選びは重要です

引き出物は、結婚式に参列して下さった方に対し、お礼の気持ちを込めて渡す品なので、出来るだけ喜ばれる品が良いとされています。

従来は式で提供した料理を持って帰ってもらい、家族で食べてもらうのが一般的でしたが、現在では遠方から参列に来られる方もいるので、料理の提供はあまりされません。ですので、新郎新婦が独自に選んだ物を引き出物として渡すのが一般的です。

あまりにも変な物を渡してしまうと、どれだけ思い出に残るような式にしたとしても、参列者にはあまり良い思い出が残らないので、注意しながら選ぶようにしないといけません。

結婚式の引き出物で一番人気のカタログギフト

結婚式での引き出物には様々なものがあります。ゲストとの間柄が近い人であれば、どのようなものを贈れば喜んでもらえるか判断はつきます。しかしながら、そのようなゲストばかりではありませんので、どのようなものを贈っていいのか迷う場合もあるでしょう。

そのような場合にはカタログギフトを贈ることをおすすめします。カタログギフトであれば、ゲストが自由に選ぶことができますので迷うこともないでしょう。カタログギフトも多様化されていて、地方のお取り寄せ専門や日本の伝統工芸品専門の物、体験型専門の物などもありますので、そのような中から選んでもいいでしょう。

結婚式に渡す友人向きの引き出物

結婚式の引き出物にかける金額はおおよそ10分の1と言われています。友人である場合には3000円程度の金額で用意するのが望ましいと言われています。会社関係や親戚などに比べて、遊び心があるものでもいいでしょう。ブランドの小物など少し値がはるようなものでもいいでしょう。

友人であれば好みがわかる場合もありますので、そのような場合には、相手の好みに合わせて引き出物を選んでみるのも一つの手です。また、友人のライフスタイルを考慮することを忘れないようにし、家族構成などをしっかりと考慮したものを渡すといいでしょう。

結婚式に取り入れられる引き出物

結婚式の引き出物として選ばれる品物には、一般的にタオルや食器、お菓子の詰め合わせなどが取り入れられ、定番化しています。

招待ゲスト一人ひとりに合わせた贈り物が難しいとされる中、カタログギフトのシステムを導入することで、悩ましい品物選びを一気に解決させることができます。

性別や年代、好みなどに応じた贈り物が可能とされており、より実用的な物や、手元に置きたい物などが選べるよう工夫されています。また宅急便などのサービスも整っており、招待ゲストが会場で荷物を増やさずに帰宅できるような取り組みも行われています。

引き出物に関する記事

結婚式で悩みがちな引き出物
引き出物でも印象付ける結婚式
結婚式場での引き出物の持ち込み料
結婚式の引き出物はカタログギフト

更新日-2017年7月5日

ページ先頭へ