SEOのカギ 難しくなってきているSEO対策にどう対処する?
HOME SEO対策における外部対策

SEO対策における外部対策

SEO対策には、HTML部分に関する”内部対策”と、被リンクなどの”外部対策”があります。

外部対策は、SEO対策の中では約8割の重要性があると言われており、この外部対策を行う事でSEOにおける効果を高める事が可能になるのです。

外部対策とは、主に、自サイトに対する外部リンクを集めるための施策のことを指します。ロボット型検索エンジン、特にGoogleはウェブサイトに対するリンクを、選挙で言う”票”に見立て、多くのリンク・質の高いリンクを集めているサイトこそが優良なサイトである、という考え方の元、アルゴリズムを構築してきました。

進化の過程で複雑性は増してきているものの、外部リンクがSEO上、重要な役割を担っていることは現在も変わりません。

内部対策と比較して、外部対策はウェブマスターやSEO業者によってその基本的方針、対策内容に大きな差が出ます。まずは基本的な考え方を身につけ、周囲のデマに流されず自社に最も適した施策・プランを選択するよう、心がけましょう。

RankBrainなどのseoのアルゴリズムについて

RankBrainなどのseoのアルゴリズムについては、常に新たに更新されるものでありますので、ホームページを作成している人たちはその都度理解していく必要があると言えます。そのような状況から攻略はむずかしいとされていて、多くの会社が外部に委託したりしてホームページの維持をされています。

中にはむずかしい内容のものもありますので、しっかりと理解するには、webマーケティングを得意とする会社に委託をおこない、自身や自社のホームページを診断してもらってもいいでしょう。その際にはそれなりの費用がかかることを理解しなければいけません。

ホームページ制作はseo対策で決まる

ホームページ制作をしていくなかで、ホームページの作りやECサイト構築などで頭を悩ませる人も多いでしょう。しかしながら、そのような形でホームページの中身に特化をする事は非常に大切ですが、そのほかの要素に対しても気をつけなければいけません。

例えばGoogle社が行っているseoの仕組みですが、この仕組みによって表示順位が変動しますので、集客においては非常に重要な要素となってくるでしょう。seo対策をきっちりとおこなうことができれば、集客をしっかりすることができますので、非常に有効である手段と言えるでしょう。

RankBrainの登場によりseo対策は大きく変わりました

より多くの人を集客するために使われていたseo対策が現在、大きく変わろうとしています。従来の方法だとメインキーワードに関係するキーワードを多く記載することで簡単に検索の上位にあがることが出来ましたが、今はそれでは不十分です。

googleで新しく採用されることになったRankBrainという人工知能に対抗するためにはより高度なseo対策が必要となりました。RankBrainはユーザーが必要としている情報をより精密に検索できるようにしています。ですので、重要なのはコンテンツを良質なものにしていくことです。より自然な形の言葉で作られているところが上位に選ばれるようになっています。

ホームページ制作後はseo対策の出番

ホームページ制作を行い、ECサイト構築がある程度完了すると、次は検索順位を引き上げる活動を行います。サイト自体は完成しているものの、閲覧してくれるユーザーが増えてこないのを防ぐために、seo対策を施しているのです。

seo対策は、個人でも行える方法ですが、ホームページ制作を担当している会社が実現してくれるケースも有り、依頼を出したほうがいい場合もあります。

ECサイト構築が完了しても、実際に利用して貰う人が増えないとあまり効果は得られないので、必要な対策はなるべく早く行うようにして、より多くの人に見られるサイトにしています。

SEO対策についての関連記事

SEOにおける内部対策の基本
外部のseo会社に依頼
SEO
SEO対策
Seoを行う際に出てくる問題点
料金プランの見直したいSeoのサービス
Seo大阪
コストの上限を決めてSeoを行う
ページ先頭へ