SEOのカギ 難しくなってきているSEO対策にどう対処する?
HOME 結婚式の引き出物はカタログギフトが主流

結婚式の引き出物はカタログギフトが主流です

今までの結婚式の引き出物は、式内で提供された料理を参列者に持って帰ってもらい家族で食べてもらうのが一般的でしたが、式場の多様化に伴い遠方から参列される方も多くなりましたので、料理を持って帰ってもらうのはあまりしなくなりました。

現在では引き出物として人気なのが、カタログギフトです。カタログギフトは参列者が好きな商品をもらうことが出来ますし、かさばらないので持って帰りやすく、とても人気がありますので多くの新郎新婦が無難にカタログギフトをお礼として渡すのが主流となっています。もちろん他の製品を渡す新郎新婦もいます。

結婚式に渡す女性向きの引き出物

結婚式をおこなっていくにあたって、さまざまなことを決めていかなければいけませんが、その中でも頭をかかえるのが引き出物です。

ひと昔前の様に決められたものであればいいのですが、最近では結婚の形も多様化していて引き出物に対しても、気の利いたものが求められる傾向にあります。女性にはきれいな色使いのものや、癒しのグッツなどが喜ばれる傾向にあります。ブランド品のハンカチや食器なども、意外と自分では買うことをしないので喜ばれるものでしょう。

どの様なものを選んでいいかわからない場合には、プランナーさんに相談してみてもいいでしょう。

結婚式の引き出物っていくらくらいが目安なの?

引き出物という言葉を聞きますが、結婚式における引き出物の相場ってどれくらいなのか気になりませんか?自分が将来結婚式委を挙げることを考えると大体いくらくらいか知っておいた方が失敗も少なくてすみます。

まず招待客を3つに分ける必要があります。基本パターンは両親・親族、上司、友達・同僚でしょうか?親族はともかく、両親にあげるかどうかは両親と事前に話し合いをした方がいいかもしれません。あげるという人もいますし、渡さないという人もいるようです。金額としては親族1万5千円程度、上司1万円程度、同僚・友人5千円程度が相場といわれています。

結婚式でもらうと嬉しい引き出物の内容

結婚式の引き出物は多くの業者から出ていて、どのようなものを用意したらいいか。迷ってしまう人も多くいるでしょう。最近では女性用、男性用、目上の人用、親族用など細かく贈りわけをしている人も多いそうです。他にも決めることの多い行事ですので、早めに決めていきたいものです。選び方は人それぞれになりますので、大きな決まりはないでしょう。迷う場合にはプランナーさんにも相談し、自分たちらしいものを選ぶことが大切です。

最近では女性も働いているケースが多いのでリラクゼーションの高いものも好まれています。入浴剤やアロマなどパッケージが男子向けのようなものであれば、男子に贈ってもいいでしょう。

結婚式で贈る引き出物のタブー

結婚式をおこなうにあたって、さまざまなマナーがあります。普段の生活ではマナーを気にする場面は多くありませんので、苦労する新郎新婦は多くいるでしょう。

「重なる」や「割れる」、「切れる」などを連想するようなものは、タブーとされています。しかしながら、最近では食器などが引き出物の定番品となっていますので、昔ほどタブーを気にするような人は少なくなりました。

それでも、ゲストなどには目上の人もいて、慣習や伝統的な言い伝えを気にする人もいます。引き出物については、できる限りタブーを避けて選ぶのが賢明でしょう。

引き出物に関する記事

結婚式で悩みがちな引き出物
引き出物でも印象付ける結婚式
結婚式場での引き出物の持ち込み料
結婚式の引き出物を準備するのはどれくらいから?

更新日-2017年7月5日

ページ先頭へ