SEOのカギ 難しくなってきているSEO対策にどう対処する?
HOME 結婚式場での引き出物の持ち込み料

結婚式場においての引き出物の持ち込み料

結婚式をおこなった経験がない人からすると、持ち込み料という概念は分からないかもしれません。

持ち込み料は式場が設定するものなので、各式場によって規定や金額は変わってきます。引き出物も同様で式場が提携している業者でない限りは、料金がかかってしまうケースがよくあります。金額については一点につき300円から500円ほどかかってきますので、結構な金額になってしまいます。

結婚式場にとってはこれが管理する料金となりますので、正当な金額とされています。よほどのものがない限りは、式場の提携する業者に依頼した方がいいでしょう。

結婚式に選びたい引き出物

これから結婚式のプランを立てようとしているカップルには、様々な準備事項が襲い掛かってきます。中でも、どのような引き出物を探し出すかという事においては、招待ゲストへのおもてなしなどの意味も含まれ、なかなか難しいものです。

近年、贈り物の際に多用されるようになったカタログギフトは、ウエディングにも幅広く取り入れられています。一人ひとりの好みや生活環境、性別、年齢などの条件に応じた品物の選択が可能となり、思い通りの贈り物が実現できます。宅急便のサービスが整えられている場合もあり、ゲストが荷物を増やさずに帰宅することが可能です。

引き出物は結婚式の顔です

結婚式はチャペルでしたり、神社でしたりといろいろな新郎新婦の思いが詰まった式となります。参列した人達はその演出に感動したり笑ったりしながら楽しんで心に留めていきます。どんな式でも引き出物は必ず渡す物です。これで結婚式の印象が決まるといっても過言ではありません。

どんなに感動的な式を挙げたとしても、引き出物が良くなければあまり良い思い出になりませんので、しっかりともらう人の気持ちに立って商品を選択していく必要があります。あまり大きい物だと参列者が持って帰るのに大変ですし、小さすぎてもあまり印象に残らないので注意してください。

結婚式の引き出物で失敗しないカタログギフト

結婚式の準備は時間がかかるものですが、多くの方が最も頭を悩ませるのが引き出物です。

挙式の規模が大きくなればなるほど、出席者の顔ぶれも、親族、友人、職場の方、と多彩になりますので、全員に満足してもらえる物を選ぶのは難しくなります。そんな状況でお困りの方に、最も人気があるのがカタログギフトです。

自分で品物を選ぶことができるので出席者にも喜ばれますし、引き出物選びで失敗することがありませんので新郎新婦も安心です。出席者の荷物としてかさばらないのも大きな利点です。最近は結婚式専門のカタログギフトも多数ありますので、予算に合わせて好みのものを選ぶと良いでしょう。

結婚式の引き出物はお祝いアイテム

結婚式の引き出物は招待客の人に「今日は来ていただきありがとうございました」という気持ちを伝えるためのアイテムで、縁起物にもなりますので、こちらも真剣に選びたいものです。基本の詰め合わせとしては物が1点、引菓子が1点、地域によってはこれにプラスでしきたり品を合わせることもあるようです。

引き出物は主にはグラスなどの食器、タオル、最近ではカタログギフトなどが多いようです。引菓子は特に決まりはありませんが、できるだけ長持ちするものが無難でしょう。そのためバームクーヘンやクッキーなどが多いようです。しきたり品かまぼこや、鰹節などが多いようです。

引き出物に関する記事

結婚式で悩みがちな引き出物
引き出物でも印象付ける結婚式
結婚式の引き出物はカタログギフト
結婚式の引き出物を準備するのはどれくらいから?
ページ先頭へ