SEOのカギ 難しくなってきているSEO対策にどう対処する?
HOME Seoを行う際に出てくる問題点

Seoを行う際に出てくる問題点

すべてが順調に進むと、Seoにおいて特に苦労する事もないかと思います。しかし、Seoは、なかなか思う様に進まない、努力した事が順位に反映されないなどという事もある様ですね。Seoを行う際に出てくる問題点で困る事があっても、自分で何とかできそうであれば、解決する様に努力するのもいいでしょう。

もし、Seoについてこれ以上はお手上げだという状態なのであれば、専門の会社を活用するのもいいと思います。自分達だけでできる所まで挑戦してみて、どうしても無理になった所でSeoを専門とする会社にお願いするという事もあるみたいです。外注を効果的に使う事によって、無駄な時間を使う事を避けられるかもしれませんね。

seoはRankBrainを意識した対策が必要です

会社のweb担当者や自分でブログを運営している方にとって、頭を悩ませているのがseoなのではないでしょうか。対策する検索エンジンはgoogleですが、過去にも様々なアップデートが行われてきました。

最近では、RankBrainといって、人工知能をシステムで検索結果に反映させるというものです。しかし、すべての要素を人工知能で反映されているわけでは無くて、評価の一部だと言われています。ですので、どんなアップデートが行われようと記事やページの内容を充実させておけば、訪問した方の評価も高く、検索エンジンからの評価も高くなります。

seo対策のために重要なのはRankBrainを攻略すること

RankBrainという機能について聞いたことがあるでしょうか。これは検索サイトgoogleの頭脳と呼べるものです。いわゆる人工知能です。

しっかりとしたキーワードを使わなくても目的のものにたどり着けるのはこの機能がgoogleに備わっているからです。もしも、ホームページを作ろうと思った場合、このRankBrainをどのように攻略するのかが閲覧数を増やす大きな鍵になります。

このようなseo対策のためにはそのキーワードを表す言葉を数多く盛り込むことが重要になりますが、大切なのはメインキーワードよりも多くなりすぎないことです。

ホームページ制作をする際、seo対策はどのようにするのか

ホームページ制作する時はただ何も考えずに作るだけではアクセス数が伸びません。来場者を増やすためにはseo対策というものが必要になります。

ただし、どのホームページにも当てはまる対策はありません。それぞれに特化した方法を模索していく必要があります。例えば、ECサイト構築です。ECサイトはものを売買するための空間です。はっきりと購入するのもが決まっている人の場合はその商品の名前を検索するでしょうが、もちろん決まっていない人もいます。そういった人がどのような検索をするのかを考えておかないといけません。

ユーザーがどのような情報を欲しがっているのかそれを考えることもseo対策となります。

RankBrainの習性を利用したseo対策の一例

RankBrainは、Google検索機能のアルゴリズムの一つで、seo対策の一要素として位置づけられています。このアルゴリズムの特徴には、検索クエリによるプログラムの問い合わせを繰り返すことによって実現し、あたかも人工知能によって処理されたものとなります。

このアルゴリズムへの対策を講じるには、検索クエリの性質を利用する方法が最良となります。RankBrainでは、京都を「日本_観光地」として認識する習性があるため、「日本_観光地」に関するコンテンツを複数準備しておくと、サイトへの訪問数が増えるものとなります。

SEO対策についての関連記事

SEOにおける内部対策の基本
SEO対策における外部対策
外部のseo会社に依頼
SEO
SEO対策
料金プランの見直したいSeoのサービス
Seo大阪
コストの上限を決めてSeoを行う
ページ先頭へ