SEOのカギ 難しくなってきているSEO対策にどう対処する?

検索サイトの技術に左右されるSEOの将来性

SEO対策をして検索サイトの表示順位を上げるのはかなり難しくなってきています。

大手検索サイトは、SEOを施したサイトに表示順位を高くすることをしないよう対策をとるようになりました。検索アルゴリズムを強化してコンテンツの分析精度を上げたり、リンク元やリンク先との関連性を加味しながら結果を表示する工夫を凝らしています。

SEOの将来性はすべて検索サイトの技術力がカギを握っています。今後はますます小手先だけのSEOをしていては将来性は厳しくなるばかりです。基本に戻ってコンテンツの充実を図る対策が求められます。

そもそも「SEO」とはなんなのでしょうか。
「狙ったキーワードで検索結果順位を上げること」?

「優れたコンテンツを作り、検索エンジンに拾ってもらえるようにすること」?
などの手法論がよく取りざたされますが、もっとシンプルに考えれば、
「検索エンジン(特にGoogle)からの評価を高めること」ではないでしょうか。

seoをする上ではスマホ対策も必要です

seo対策を行う場合には、スマホに対する対策もしっかりと行っておく必要があります。なぜなら、今の時代、スマートフォンが普及しており、誰もが普通に使っている世の中になっているためです。

具体的にはseo対策としては、スマートフォンでも見やすい画面にすることが求められます。例えば、大阪にあるリフォーム会社であれば、サイトに多くのリフォーム事例があると想定しますが、それらの画像がスマートフォンでも拡大などすることなく見えるようにします。それが大切なことであり、ランキングアップの要素の一つともなっています。

アルゴリズム更新によるseoの結果

Googleは不定期に検索アルゴリズムを変えていますが、特にハミングバードと呼ばれるアルゴリズムでは大きな変化が訪れています。ハミングバードは検索で従来のキーワード形式だけではなく、会話的な検索にも対応しています。

そのため、seoで実現されてきていた検索順位は対応できず、ランク外に陥るウェブサイトも多数ありました。また、その後に、RankBrainが登場した際にも大きな変化が生まれており、seoの結果が無効化されてきています。そのため、新たなテクニックが開発されてきており、試行錯誤が行われています。

seoの判断は人工知能が

seoの中心はRankBrainというアルゴリズムが行っています。ユーザーの動きやサイトをクローラーを巡回させたりすることによって、サイトの判定していきます。これらの判定はすべて人工知能によって判断しており、アルゴリズムの改変は日々人間が行っています。

そしてSEO対策を行うためには、今のアルゴリズムの流れとグーグルが目指す方向性を知っておくと良いです。今のアルゴリズムとしては、コンテンツ重視です。その他のseoはついでくらいの感じです。そしてコンテンツの質をたかめてユーザーとグーグルに評価されることを目指します。

ホームページ制作をしていくうえでのseo対策

ホームページ制作をしていくうえでのseo対策は、重要な要素になってくるでしょう。

SEOはGoogleでの表示順位における仕組みであり、ユーザーが快適にインターネットを利用するための指南書とも言えるでしょう。慣れない場合においては困惑するケースも多々ありますが、しっかりと対応していくことで力はつくでしょう。

ECサイト構築を学んでいくのとともに、seoの対策は学んでおくべきこととしてあげることができるでしょう。インターネットであればそのような情報も掲載されていますので、合わせて確認しておくといいでしょう。

RankBrainを利用したseo対策が注目されています

ITの世界は日進月歩です。常に先進的な手法が生み出されてきています。インターネットで成果を上げるためにはseo対策が重要であるのは言うまでもありません。

昨今では、Googleの検索ランキングを決定づけるための新しいプログラムの一つに、RankBrainがあります。Google検索アルゴリズムのハミングバードの中に織り込まれ、検索のために入力した言葉の意味を理解する、という任務を持っています。RankBrainは、人工知能システム、つまりAIと呼ばれることが多いです。自分みずから学習を行う特性を持っています。

ホームページ制作した後のseo対策はプロに任せよう

会社で自社商品のECサイト構築したあとに、なかなかアクセスが伸びないというところもあるのではないでしょうか。ホームページ制作は、デザイナーに任せて魅力あるサイトを作ったとしても、誰に見てもらえないと売り上げもありません。ですので、ECサイト構築する時には、seo対策を一緒にしてくれる業者に依頼するのが後々のメンテナンスが簡単です。

サイトの構成にseo対策を盛り込むことで、長い間効果があるからです。もし、既にサイトを作ってしまっている場合でも、相談には乗ってくれますので、一度連絡してみてはいかがでしょうか。

seo対策に有効なシステムを取り入れたホームページ制作の手順

既存のホームページを運用している中でECサイト構築が必要になったときは、リニューアルする部分の現在使われているシステム機能を抽出します。また、構築するサイトの内容をしっかりと検討することで、進む方向を示唆できます。

その他、予算やスケジュールも把握しておきましょう。ホームページ制作が終わった後も、随時システムの見直しなどがありますので、制作する側の技術に合った方法を選択します。ユーザーのニーズに合ったサイト作成によっては、seo対策にも有効になります。集客率が見込めるようなECサイト構築をしましょう。

引き出物に関する情報はこちら

ページ先頭へ